顔のむくみ解消のために実践したい3つのこと

顔のむくみ解消のために実践したい3つのこと

顔のむくみ解消のために実践したい3つのこと

朝起きて顔のむくみを発見し、なんともいえない憂鬱な気分を味わったことがあるという人は多いのではないでしょうか?
夜遊びや飲み過ぎなどの不摂生をした結果、顔がむくんでしまったならまだしも、これといった原因を思い浮かばないのにむくんでしまった経験がある人もいるかもしれません。

ここでは顔のむくみ解消のために実践したいこと3つをご紹介します。

なぜむくんでしまうの?

むくみと聞くと「水分のとりすぎ」を思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、むくみは水分が不足することでも起きてしまうのです。

また、塩分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎなどの食事面だけでなく、運動不足による血行不良や、長時間同じ姿勢でいること、睡眠不足なども原因になります。
さらに月経前症候群でもむくみを引き起こすので、むくみの原因は常に身近にあると言えます。

では、むくみを解消するためにどうしたらよいのでしょうか?

水をよく飲むようにする

むくみは余分な老廃物や水分が体に溜めこまれることによって起こります。
そのため、水をよく飲んだりしたら逆効果ではないかと考える人は多いかもしれませんが、体内の水分が不足することでも、むくみは起こります。
むくみの原因となる老廃物は血流やリンパの流れによって回収され、体中にあるリンパ節でろ過されて不要なものは体外へ尿や汗となって排出されます。

血液の主要な成分である血漿(けっしょう)は成分のほとんどが水分であり、また、体の血液をろ過してきれいな状態にしてくれる腎臓は、水分とともに不要になった老廃物をろ過する役割を持っています。
そのため水分が極度に不足すると老廃物をろ過したり不要物として排泄したりする機能が衰えてしまうのです。

これが水分不足でむくみが起こる理由です。
むくみを防止するためには、1日に1.5リットル程度の水を飲むようにしましょう。

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは水分の排出を促してしまうため、体に必要な水分としてカウントできません。
水道水やナトリウムを含まないミネラルウォーターを摂取するように心がけましょう。

カリウムを含む食品をとる

濃い味付けのものが好きな人や、塩辛い食べものをよく食べるという人はむくみやすい傾向があります。
なぜなら、過剰な塩分には体内に水分を溜め込もうとする働きがあるからです。

日本食に使用される醤油や味噌は塩分が多いため、日常の食事から塩分をできるだけ排除したいと考えても難しい場合があります。
しかし、体外へ効果的に塩分や水分を排出できる食品があるのをご存じですか?

それはバナナやキュウリといったカリウムを含む食品です。
カリウムには余剰な塩分を体外へと排出する働きがあります。
カリウムは野菜に多く含まれることが分かっており、顔や体のむくみを防いでくれるばかりか、心臓病や高血圧といった病気にかかりにくくなる効果も期待できます。

リンパマッサージを行う

顔のむくみを取り去る効果的な方法のひとつに、リンパマッサージがあります。
リンパマッサージは継続することでむくみを解消に繋がります。
しかし的確にリンパを刺激できなければ効果が出にくいと考えられるため、早くむくみを解消したいと考えるなら、エステやクリニックを利用してプロに施術してもらうと良いでしょう。

顔のむくみは日々の生活から予防することが大切です。
体内の水分不足を補い、カリウムを含む野菜を積極的に食べることでむくみも軽くなっていきます。

また、エステなどでプロの施術を受けておくこともおすすめです。
一度プロにマッサージをしてもらった経験はセルフマッサージを行うときに十分参考になりますよ。

他の部位のむくみの原因・治し方を見る

むくみのお悩みで多い部位ごとに、原因、予防法、治し方等について解説を行っています。

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop