キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

むくみの原因はお酒? 原因とその対策方法

「ついお酒を飲みすぎてしまった……」そんな日の次の朝は「顔がむくんでパンパン」なんてことも珍しくありません。
なぜお酒を飲んだ次の日はむくみが気になるのでしょう。

そこで今回は、お酒を飲んだ後にむくんでしまう原因と、対策法を紹介します。

お酒を飲むとトイレに行きたくなる、これがむくみにつながる

お酒を飲み始めると頻繁にトイレに行きたくなる、ということを経験したことがある人がほとんどではないでしょうか。
たくさんお酒を飲めばお腹に水分が溜まるので、トイレに行きたくなるのは当然です。

しかし、これはお酒により排尿を抑えるホルモンの働きを鈍らせてしまうから。
この影響ですぐにトイレに行きたくなり、体内の水分がどんどん排出されていき体が脱水症状になってしまうのです。

実は、この状態がむくみに大きく関係しているのです。

お酒を飲むことで起こる脱水が悪循環に

お酒を飲むとトイレが近くなり体は水分不足になります。
体が水分不足になればのどが渇き、また水分を摂る、という繰り返しがむくみの大きな原因になります。

というのも、お酒の影響で血管は膨張し、ごく小さな穴が開くことでそこから水分が血管の外に流れ出てしまいます。
血管が水分不足になることでさらにのどが渇き水を飲むことを繰り返しているうちに、気がつかないうちに水分を過剰に摂取してしまい、体がむくみやすい状態になってしまうのです。

おつまみの選び方でむくみにくく!

お酒を飲むとつい味の濃いおつまみを食べたくなります。
お酒+濃い味のおつまみは、まさにむくみの大きな原因になってしまいます。

さっぱりとしたおつまみを選ぶことで、体内の塩分濃度を下げて上げることがむくみ対策のひとつです。
カリウムを多く含む野菜や果物、もしくは冷奴など塩分控えめのおつまみを選ぶようにしましょう。

お酒の後には利尿作用のある飲み物を!

つい飲みすぎてしまった、というときは、家に帰ってからすぐに寝てしまうのはNGです。
寝る前に利尿作用のある飲み物を摂るのがおすすめです。

ウーロン茶や緑茶はカフェインが含まれているので利尿作用があり、寝ている間に尿を作り出してくれます。
できれは飲み会のあいだにもこまめにウーロン茶を飲んでおくと、むくみ予防になりますよ。


仕事などのお酒の席では、なかなかアルコールを断ることができない方も多いでしょう。
次の日に大事な仕事がある時は、特に飲み方やおつまみの選び方に注意して、翌日にお酒の影響を残さないようにしてください。

―2016年9月2日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop