キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

間違った水分補給がむくみを悪化させる?

肌の乾燥を防いだり、脱水症状を防ぐために水分補給をこまめに行うことが大切です。
しかし、間違った水分補給をしていると、むくみを悪化させてしまう原因になることも珍しくありません。

そこで今回は、むくみを悪化させるNGな水の摂取方法を紹介します。

一気に水を飲むとむくみを引き起こす

のどが渇くと、ついごくごくと一気に水を飲んでしまうでしょう。
特に夏はのどの渇きを感じやすく、冷たい水をたくさん飲みたくなることも多いです。

ただ、体が十分にうるおったと感じるまでにはタイムラグがあるため、「とにかくすぐに水を飲みたい!」と一気に水分補給をしてしまうと、体が水分過多になってしまう恐れがあります。その結果、不要な水分を排出しきれなくなりむくみにつながってしまうのです。
そのため、少しずつこまめな水分補給が理想です。

冷たい水は体の内側を冷やしてむくみやすくする

冷たい水を飲むのが習慣になっている、という人も多いでしょう。
しかし、冷たい水は体の内側を冷やし代謝を落としてしまいます。

体の代謝が落ちると、老廃物を体外に排出する機能も低下してしまい、結果むくみやすくなってしまうのです。
水は常温で飲むことを基本とし、冷たい水を飲むときは一気に飲むのではなく時間をかけてゆっくり飲むようにしましょう。

基本的に水以外では水分補給にならない

水分補給はコーヒーや清涼飲料水で行っているから十分だと思われがちですが、コーヒーなどは体に溜めこまれることなく体外へ排出されることがほとんどです。
そのため水分補給としては不十分ですし、体が水分不足になってしまうこともあります。
その結果、体はより水分をため込もうとして、むくみやすくなってしまうことも。

水分補給は基本的に水を飲むようにしましょう。
また、お茶で水分補給をしたいときはノンカフェインで、かつミネラルが含まれる麦茶がおすすめです。

むくみが嫌だからと水を飲まないのはNG

水分を取りすぎてしまうとむくみの原因になってしまうからと、水分をあまり摂らないという人もいるかもしれません。
すると、体が水分不足の状態になりむくみが発生しやすくなります。
体が水分不足の時こそ、適度な水分を摂って汗や尿となるもとを作ってあげる必要があります。

老廃物を排出するための道を、水分補給により作ってあげましょう。


間違った水の飲み方をすれば、むくみになる恐れは高くなります。
しかし、正しい飲み方をマスターすれば私たちの体に大きなメリットをもたらしてくれるようになります。
ぜひ正しい飲み方をマスターして、むくみ知らずの体を手に入れましょう。

―2016年9月2日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop