キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

リンパマッサージでスッキリ! 足のむくみの取り方とは?

足がむくんでいると下半身が重いだけでなく、太って見える原因にもなってしまうため、「むくみを避けたい!」と願う女性は少なくありません。

そんな辛いむくみの取り方として最もおすすめなのが、老廃物を流し出すリンパマッサージです。
効果的なマッサージ方法を、注意点や最適なタイミングとあわせて詳しくご紹介します。

足のむくみを解消するリンパマッサージ

«リンパマッサージのやり方»
1.足が冷えているとマッサージの効果がダウンしてしまいます。まずは足の裏を指先でまんべんなく押して、血行を促しましょう。
2.足の指の間に、手の指を絡ませて広げます。
3.指を絡ませたまま、足首をぐるぐると回してほぐしましょう。
4.足の甲やかかと側から、足首→ふくらはぎ→ひざ裏に向かってなで上げます。
5.リンパ節のあるひざ裏を、指先でほぐすようになで上げましょう。
6.太ももは前側、内側、側面に分けて少しずつマッサージをしていきます。
太ももの前側と側面は、手のひらやこぶしをスライドさせて、やや強めになで上げます。内側は下から上へ向かって、少しずつ揉みほぐしていきましょう。
7.太ももの内側から足の付け根まで一気になで上げ、最後に足の付け根を内側から外側へ向かってさすりましょう。


«リンパマッサージをする時の注意点»
肌が乾いたまま手でなでたりさすったりすると、肌を傷つけてしまいます。
手の滑りを良くするためにも、オイルやマッサージクリームを塗りながら行いましょう。
スリミングジェルなどを使えば、痩身効果も期待できます。

なお、風邪をひいている時、体調が悪い時、妊娠中のリンパマッサージは避けたほうが良いといわれています。
多少疲れている時なら疲労回復効果がありますが、明らかに不調な時のマッサージは控えましょう。

マッサージにおすすめのタイミング

«お風呂あがりがベスト»
マッサージはお風呂あがりに行うのが一番効果的です。
なぜなら入浴することで血行が良くなり、老廃物が流れやすくなるため。

また、夜にむくみを解消しておくことで、翌朝にはスッキリとした足で出かけられます。
ただしお風呂あがりの肌はデリケートなので、必ずオイルやクリームを使って優しく行いましょう。


«オフィスでやっても◎»
オフィスでのむくみが気になるなら、休憩時間にマッサージをしてもOK。
服やストッキングの上からでも効果はあるので、気軽に実践してみてください。
足全体をさっと下から上へなで上げていくだけでも、夕方のむくみの辛さを軽くできます。


リンパマッサージは力が強すぎるとリンパを傷つけかねません。
そのため「難しい」と感じる方も多くいます。
無理に自分の力で行おうとせず、メディカルエステなどプロの施術を頼ってみるのもひとつの方法です。

―2016年8月4日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop