キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

塩分がむくみに!? どのように対処すれば良い?

むくみに悩む女性は多く、特に足や顔がむくみやすいという人が多いです。
飲みすぎた翌朝や濃いめの食事をした次の日には、特にむくみが気になるということがありませんか?

実は塩分がむくみと大きく関係しています。
そこで今回は塩分とむくみの関係と、むくみを改善するための対策を紹介します!

塩分とむくみの関係とは

「体がむくんでしまうのは、体内の余分な水分をうまく体外に排出することができずに、体内に溜まってしまうことで起こります。
体内のミネラル分などのバランスが整っているときは、余分な水分はスムーズに排出されています。

しかし塩分を摂りすぎてしまいそのバランスが崩れてしまうと、体外に水分が排出されにくくなってしまうのです。
塩分によって体内のナトリウム濃度が濃くなってしまい、それを薄めようとするために水分をため込もうとします。

これがむくみのメカニズムです。

塩分を控えた食生活を

むくみを解消しむくみにくい体質にするには、塩分を控えた食生活を心がけることが大切です。
しかし全体的に薄味になってしまうと、食事が楽しくなくなったり、その反動で濃いめの味付けになってしまうということも少なくありません。

いきなり薄味にするのではなく、徐々に塩分を控えていくことがポイントです。

また、薬味や酸味などを上手に活用すると、塩分が抑えられていても気になりません。

たとえば、レモン果汁やカレー粉などはお勧めです。
食卓にしょうゆなどの調味料を置かない、ということも塩分を控えるためには大きなポイントになるでしょう。

むくみを解消する栄養素を摂って!

むくみを解消させるには、塩分を控える食生活を送ることはもちろんですが、むくみに効果のある食材を積極的に摂ることも効果的です。
メロンやスイカなどウリ科の植物やパセリに多く含まれる「カリウム」は特にむくみに効果があるといわれています。

塩分排出を促し、体内の水分量を調節する働きをします。
さらに、アボカドやキウイにも豊富に含まれます。

アミノ酸のひとつである「シトルリン」もむくみに効果的です。
シトルリンもメロンやスイカ、ズッキーニなどのウリ科の植物に豊富に含まれています。
一方「サポニン」もウリ科の植物に含まれ、排尿を促し水分量の調節をします。

赤ワインやブルーベリーに多く含まれる「ポリフェノール」も積極的に摂りたい栄養素です。
ポリフェノールは血液をサラサラにしてくれるので、血流を改善しむくみを解消してくれるでしょう。


ただ食事を改善してもむくみが解消されない場合は、冷えによる血行不良など別の原因が考えられます。
その際は、メディカルエステでの施術でむくみ解消を目指すことをお勧めします。

メディカルエステで使用されているマシンなら効果的に体を温めて、余分なものを体外に排出する働きが期待できます。

それによりむくみ解消だけでなく、痩身も可能となるのです。

女性を悩ませるむくみ、ぜひ早い段階で改善の一歩を踏み出してください。

―2016年6月15日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop