キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

ふくらはぎのむくみはなぜ起こる? 効果的な解消方法

足は心臓から遠いため、むくみが起きやすい部位です。

ふくらはぎがむくんでいると、パンツ姿がきまらなかったり、足全体が太く見えてしまいます。
今回はほっそりとした足を印象付けるために、効果的なふくらはぎのむくみ解消方法をご紹介します。

ふくらはぎがむくんでしまう理由

睡眠不足は血行をにぶらせ、むくみを促進させます。
その他にも、塩分の高いレトルト食品や、カフェインを多量に摂取する食生活を送っている人はむくみを招きやすいといえます。
レトルト食品の裏側を見て、ナトリウムという表記があったら量をチェックしてみましょう。

体重や年齢によって若干の差はあるものの、健康的な成人女性が一日にとるべき塩分量は7g前後だと考えられています。

外食やレトルト食品を中心とした食生活を送っている人は、7g程度の塩分は簡単に摂取してしまうと考えられます。
濃い味付けに舌が慣れていると、塩分を感じにくくなってしまうため、意識して減塩することが大切です。

また、カフェインは水分を体外へ排出するはたらきを持っているため、過剰に摂取すると体内が水分不足に陥ります。
極度の水分不足に陥ると、人体はより多くの水分を保持しようと働き、老廃物をろ過するための腎臓に負担をかけてむくみを促進させてしまいがちです。

ふくらはぎのむくみをとるコツ

その日のむくみはその日のうちに解消することが大切です。
一週間に一回ふくらはぎマッサージを行うよりも、毎日こまめにマッサージを行った方がむくみの症状をやわらげることができます。

ふくらはぎに溜まった疲労が原因でむくみを起こしている場合や、睡眠不足によってむくみが起こっている場合は、
たいていの場合はぐっすりと眠れば翌朝まで響きません。

しかし、一晩寝てもふくらはぎのむくみが改善されないという場合は、むくみの度合いがかなり進行していると考えられます。
そのような場合は、エステに通って徹底的にむくみを解消することをおすすめします。

ふくらはぎのタイプ別むくみ解消方法

「ふくらはぎ」と一言で言っても、形や肉付きなど色々なタイプがあります。
運動をした経験があまりなく筋肉があまり無いという場合は、筋力トレーニングを行って適度な筋肉をつけるようにしましょう。

筋肉が付くことで、老廃物を押し流すリンパの働きが活発になってむくみを軽減する効果が期待できます。
よく歩くように心がけたり、スクワットなどのトレーニングを取り入れるようにしましょう。

逆に、すでにしっかりと筋肉がついており、触ると固いふくらはぎを持っているという人は、リンパマッサージをして老廃物の排出を促しましょう。
雑巾を絞るようにふくらはぎを両手でしぼるマッサージ方法がおすすめです。
肌に負担をかけないようにマッサージジェルやクリームを使用して、左右のふくらはぎを交互にマッサージしましょう。


第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎですから、筋肉をしっかりと動かし、そして休ませることが大切です。
そのためにも、手軽にできるマッサージやストレッチを習慣にして、すっきりとしたふくらはぎを維持することが大切です。

―2016年2月3日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop