キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

むくみ率No.1!「ふくらはぎのむくみ」解消マッサージ

ふくらはぎはむくみやすく、なおかつ目立ちやすい場所です。
朝は大丈夫でも夕方になるとふくらはぎがパンパンになってしまう、むくみが気になってスカートが履けない…など、悩みは尽きません。
今回は、そんな悩みを抱えている方にうってつけのマッサージ方法をご紹介します!

ふくらはぎのむくみ改善! 簡単マッサージ

1. 足裏をほぐす
ふくらはぎのむくみを解消するためには、ふくらはぎだけを刺激しても十分な効果は得られません。
事前に足裏をほぐして血行を促進し、水分や老廃物の排出効率を高めておきましょう。
足裏の中央にはツボが集中しているので、両手の親指を使って、よく揉みほぐしてください。

2. クリームやオイルをふくらはぎに塗る
手の滑りを良くするために、ふくらはぎにクリームやオイルを塗ります。

3. 足首からひざ裏へマッサージ
足首からひざに向かって、両手で優しくなで上げます。
ひざの下まできたら、ひざの裏に水分や老廃物を流すイメージでなで下ろしましょう。

4. すねの骨の両脇をマッサージ
両手でふくらはぎの下の方をつかみ、親指をすねの骨の両脇に当てます。
その親指ですねを押しながら、ひざに向かって少しずつ両手をスライドさせていってください。

5. ふくらはぎをマッサージ
足首の後ろからひざの裏に向かって、両手でふくらはぎをなで上げます。
余計な水分を持ち上げるように、ゆっくりと丁寧に行いましょう。
ねじったり、指先でつまんでも効果的です。
ただし、力を入れ過ぎるとお肌を傷めて内出血を起こしてしまいます。優しく行いましょう。

6. ひざ裏をなでる
両手を使い、リンパの流れを意識しながら水分や老廃物を押し流すイメージで優しくひざ裏をなでたら完了です。

マッサージの効果を高めるには

≪事前に水分を摂っておく≫
マッサージによって流した老廃物は、尿によって排出されます。
あらかじめ常温の水やお湯を飲んで、排出効果を高めましょう。

≪むくみが酷くなる前に行う≫
マッサージは、むくみが酷くなる夕方前に行っておきましょう。
早めに血行を促しておくことで、むくみが出るのを防ぐことができます。

≪太ももを同時にマッサージしておく≫
時間に余裕がある時は、ふくらはぎだけでなく太ももを同時にマッサージすると◎。
リンパの流れがより一層良くなり、下半身が軽くなるのを実感できるはずです。
リンパ節が集まる足の付け根に向かって、両手をスライドさせるようにマッサージしてください。

いかがでしたか?
マッサージやストレッチをこまめに行えば、細いふくらはぎをキープするのも夢ではありません。
自信を持ってスカートを履きこなすために、ぜひ日常生活に取り入れましょう。

もしもこれらのような対策をとってもなかなか脚がスリムにならない場合には、むくみではなくセルライトが原因かもしれません。
早めにメディカルエステで専門のカウンセラーに相談してみることをオススメします。

―2016年1月5日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop