キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

むくみ解消に効果がある食べ物とは?

むくみ対策にはリンパマッサージや入浴などさまざまな方法があります。しかし、忙しい朝は十分な時間を確保するのが難しいでしょう。
そんな時は、むくみ解消に効果的な食べ物を摂ることをおすすめします。食べるだけなら時間もさほど取られませんし、簡単です。

むくみに悩んだ時は、ぜひこれらの栄養素を摂るようにしてください。

カリウム

前日の夜に塩分を摂りすぎてしまった場合は、カリウムがおすすめです。カリウムには塩分の排出を促す働きがあり体内の塩分濃度を下げてくれます。すると、塩分濃度を維持するために抱えていた余分な水分などが、排出されやすくなりむくみ解消に繋がるでしょう。
カリウムを多く含むものには海藻類や豆類、葉類などがあげられます。

特にパセリは100g中1000mgのカリウムを含んでおり、食材の中では最も多くのカリウムを含む食材と知られています。しかし。パセリ100gを摂るのは至難の業なため、より身近な食材を摂りいれると良いでしょう。
例えば、アボカド100gには720mgものカリウムが含まれています。少し小さめのアボカドでも約170g(可食部は約120g)となり、少量で十分な量のカリウムを摂ることができます。むくみが気になる朝には、アボカドサラダを食べてみてはいかがでしょうか。

サポニン

サポニンには、血液循環を促す、体内に脂肪がたまるのを防止する、悪玉コレステロールの抑制といった効果が期待できます。
サポニンはウリ科であるスイカやきゅうり、冬瓜だけでなく、ブドウの果皮やオリーブ、豆類に多く含まれています。

特におすすめしたい食材は、小豆です。小豆にはサポニンとカリウムが豊富に含まれています。そのため、むくみ解消を図るならぜひ摂りたい食材の1つです。さらにビタミンB1を含んでいるため疲労回復にも効果的です。
小豆のサポニンを摂るなら、小豆の外皮にサポニンが多く含まれているため、小豆と米を煮た「小豆がゆ」などで摂ると良いでしょう。

ビタミンB1

糖質を摂りすぎると、糖質は水分を吸収する働きがあるため、むくみを引き起こしやすくなります。その糖質の分解をサポートし、血液をサラサラにする手助けをしてくれるのがビタミンB1なのです。
ビタミンB1を多く含む食材には、豆腐やカボチャ、卵、豆類、ごぼう、ほうれん草、シイタケ、豚肉などがあります。
ビタミンB1を摂る時は、ビタミンB1を壊す働きがあるエビやカニ、ワラビといった食材と一緒に摂らないようにすることが大切です。
ビタミンB群は、ビタミンCやカリウムなどとも相性が良いと言われているため、これらの食材と一緒にとるように心がけましょう。

むくみを引き起こさないためにも、アルコールを控える、体を冷やさない、といったことも大切です。ご紹介した食材とともに、生活習慣を見直してむくみの知らない体を手に入れましょう。

―2015年10月28日

むくみにお悩みの方へ、
「プロリフトRFコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔全体のむくみを改善したい
  • ●フェイスラインを引き締めて顔のむくみをケアしたい
  • ●小顔のむくみを解消したい
  • ●痛みや肌に負担なくむくみをケアしたい

pagetop

pagetop