キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

顔のむくみを解消するために「夜に行うべき3つのこと」

「朝起きたらむくみで顔がパンパン!」
そんな状態では、朝から気分はブルーになってしまいます。そんな日の前日の夜、あなたはどんなことを行っていましたか?
朝に顔がむくんでしまう原因は、前日の夜にある場合が多いです。
夜にむくみ防止のために行っておきたいことをご紹介します。

冷たいものやお酒を過剰に摂取しないで、適度な水分摂取を!

夜にお酒を飲むと、次の日にむくみやすみなります。お酒のアルコールによって、利尿作用が働き、体から水分がどんどんと抜けてしまいます。さらに、血管内から水分が抜けやすくなると、体が水分を欲するようになるのです。しかし、水を飲んでも血管内から水分が抜けてしまうため、悪循環に陥ってしまいます。
お酒を飲む時は、適量を守るようにしましょう。もしくは、体内のアルコール分を排出するために、酔いがさめるまで水を摂取することをお勧めします。

またお風呂上りに、冷たいジュースやアイスを食べたくなる方もいることでしょう。この場合も食べる量に注意が必要です。冷たい飲み物や冷たい食べ物を過剰に摂取してしまうと、体が冷えてしまい代謝の低下を招きます。それにより、余分な水分や老廃物が体内に留まり、むくみが起きやすくなります。
お風呂上がりに飲むなら、常温のお水などが良いでしょう。

塩分や糖分の摂取を控える、もしくはビタミンB1やカリウムを摂る

「一日の疲れから甘いものが異常に欲しくなる」
「飲み会で塩分を多く摂ってしまった」
このように糖分や塩分を多く摂ってしまうのも、むくみの原因となります。

糖分には、水分を吸収する性質があります。そのため糖分を過剰に摂取すると、体内の水分の循環が悪くなり代謝を低下させて、むくみを引き起こすのです。
また、塩分が体内に過剰にあると、体は正常な濃度にするために水分を抱え込もうとします。すると余分な水分が排出されなくなり、むくみを引き起こします。

このような糖分と塩分は過剰に摂取することを控える必要があります。
もし摂りすぎてしまった場合は、糖分ならビタミンB1を塩分ならカリウムを摂って燃焼や排出を促しましょう。これらを含むのがリンゴやバナナなどです。
むくみ対策に、リンゴやバナナを食べるようにしましょう。

寝る時は部屋を暗くして、枕を使い仰向けに

「読書やテレビに夢中になっているうち、電気も消さずに寝ていた」という経験をした方は少なくないでしょう。
しかし、これはむくみを引き起こす恐れがあります。

私たちは睡眠時にカロリーを消費しますが、明るい部屋で寝るとカロリー消費を助けるメラトニンが十分に分泌されなくなってしまうのです。
また、寝る姿勢も重要です。うつぶせで寝ると顔や腕などに水分が流れやすくなり、むくみやすくなると言われています。できるだけ仰向けで寝るようにしましょう。
さらに、枕が低すぎる、枕を使用しない、などの姿勢では心臓よりも顔が低い位置にくるため、むくみやすくなってしまいます。

大切な用事がある前日の夜は、特にこの3つのことをキチンと行えているかを確認してみてください。

足、ふくらはぎのむくみ対策にシーズ・ラボの足痩せ徹底シェイプコースがおすすめ

シーズ・ラボには様々な痩身コースがありますが、足やふくらはぎのむくみに悩んでいる方には、足痩せ徹底シェイプコースがおすすめです。独自の技術と機器を使ってセルライトの原因であるむくみを撃退、足の代謝を改善する効果があります。
この足の代謝を良くするというのはリンパの流れも促進されるため、むくみに対しても非常に効果的であり、体質を改善させることによって根本的な解決が期待できます。

―2015年10月28日

顔のむくみにお悩みの方へ、
「小顔ダイエットコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔がむくみやすい
  • ●フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • ●顔が太りやすい
  • ●二重あごが気になる。

pagetop

pagetop